活動ブログ

2019年01月

2019.01.24

平成30年度新春教養講演会

 平成31年1月18日(金)15時30分より

ホテルグランヴェール岐山において新春教養講演会を開催しました。

今回は、東海ラジオ「タクマ・神野のど~ゆ~ふ~」「かにタク言ったもん勝ち」などでお馴染みのタクマさんに「笑いは百薬の長」という演題で講演をいただきました。今回の講演会には、会員に加えて一般の方にも参加いただき280名近くのお客様で盛大に開催する事が出来ました。

 

 

当日を迎えるまでに1月4日の「タクマ・神野のど~ゆ~ふ~」の中で2分間、岐阜県行政書士会岐阜支部主催の新春教養講演会を告知していただきました。7日には、中日新聞岐阜県版の新聞広告を見たという東海ラジオのリスナーの方が番組宛に「タクマさんの新春教養講演会に申し込みをした」と投稿していただいたのを受け3分にわたり、番組内で話題にしていただけました。当日の朝、番組内で昼から岐阜で講演会と再度告知をしていただくと、開場の1時間前からお客様の列が出来た程、タクマさんの人気には驚きました。

 

講演会が始まると演題の通り大爆笑の連続でした。タクマさんは兵庫県出身、16歳で上京し芸能活動を開始、縁あって名古屋の大須演芸場に来た時には、名古屋弁に相当戸惑ったそうです。「極楽行きのバス」「たわけの3段活用」「かんす」「鍵を買う」「まわしをする」など数々のエピソードを披露していただきました。方言を話す人は自分が標準語だと思っているなどと会場の笑いを誘っていました。

 

後半は、タクマさんのもう一つの顔であるマジックを披露していただきました。色々な芸事がある中で、マジックやサーカスというのは子供から大人まですべての人が一緒に楽しめる数少ない芸との事です。ミユキ姫の登場に会場も沸き、何も入っていないはずの紙袋から次々と物を出すという不思議なマジックや、1万円札が1000円札に代わって、また1万円札に戻るというマジックなど近くで見ても全く仕掛けがわかりませんでした。

 

 

最後は、男性のお客様にステージに上がっていただき、タクマさん定番の超能力を伝授する儀式、男性のお客様がタクマさんのお尻に手をあて右回りに3回「ちょうだい、ちょうだい、ちょうだい」とパワーを注入。するとテーブルクロスを持つだけでテーブルが持ち上がり、会場は大盛り上がりとなりました。また、誰でも簡単に出来るペットボトルを空中に浮かすマジックを教えてもらい大満足の1時間30分でした。

 

会場を後にするお客様より「今日は来て良かった」などと笑顔で声をかけていただき、今回の講演会を企画して本当に良かったと感じました。タクマさん、ミユキさん楽しい時間をありがとうございました。

 

カレンダー

«1月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

岐阜県行政書士会

岐阜支部
〒500-8384
岐阜市薮田南1丁目11番12号
岐阜県水産会館5階511号室
TEL:058-276-1774
FAX:058-276-3386
MAIL:mail@gsi-g.info

 ブログ

この上でダブルクリックをして画像やリンクを挿入しましょう。

Copyright (C) 岐阜県行政書士会 岐阜支部 All Rights Reserved.