活動ブログ

2022.11.22

令和4年度 第2回全体研修会

日時:令和41121日(月)14001600

会場:ハートフルスクエアG中研修室
講義内容:「電子帳簿保存法・インボイス制度について」
講師:岐阜支部 田中紀子会員(税理士兼業) 

 令和41121日ハートフルスクエアーG中研修室にて田口紀子会員による「電子帳簿保存法・インボイス制度」についての第2回全体研修会を開催しました。
 最初に電子帳簿保存法の内容、改正についての説明から始まりました。電子取引については電子保存が義務化、電子帳簿、スキャナ保存は義務化ではないといった特に間違いやすい部分を具体的な違いとして説明頂きました。
 続いて本題のインボイス制度についての内容に入りました。

1.    インボイス制度とは

2.    インボイスの種類と記載事項

3.    インボイスの交付義務が免除されるケース

4.    取引の都度請求書や領収書が交付されない取引

それぞれ事例に沿って説明頂きました。



 また、インボイス制度に関連する内容として消費税額算出における本則課税または簡易課税のメリット、デメリットも説明して頂きました。
 自分の取引相手が事業者か、相手がインボイスを必要としているか、といった相手先との関係性を考えて決めていく必要性も教えて頂きました。
 インボイス制度開始までわずかということもあり参加者が多く、最後の質疑応答では多くの質問がありました。噛み砕いた説明で大変分かりやすく、新しい発見も多々ありました。事務所経営に様々な影響を与えるインボイス制度を今後も注視していく必要があると改めて思いました。

2022.10.21

秋の教養講演会・親睦会

日時  令和4年10月15日(土)

会場  ホテル グランヴェール岐山

教養講演会では落語家の立川小談志様をお招きし、落語と講演を拝聴しました。

落語は『片棒』と『八五郎出世』の二席を演じていただき、熱演いただいた本題ではもちろんのこと、師匠である立川談志さんのエピソードなどを交えたマクラには会場各所から笑いが起きていました。また、演目間の流れるような話運びにはさすがプロと感心させられました。

講演では立川談志さんの「落語は人間のの肯定である」という言葉から、様々なダメ人間が登場する落語についてお話をいただきました。色々な存在をそのまま受け入れて共存していく、という現代に求められる姿勢にも通じるものがあるように感じました。

.   

 

親睦会ではマスク着用を前提とはするものの、3年ぶりの通常方式の会食となりました。

.  

落語を聞いた後ということもあってか、終始和やかな雰囲気で開催されました。お楽しみ企画として「座席くじ」が催され、当選された参加者からはお一人ずつ喜びの言葉をいただきました。今後もコロナ禍前に戻ったような楽しい機会が続くことを願います。

 

※例年は1月に行われる教養講演会ですが、コロナ禍となってから1月は感染拡大期に当たることが多いため、今年度は10月に開催されました。

2022.10.07

令和4年度 三士業無料相談会

日時:令和41001日(土)10001500

会場:マーサ21
内容:行政書士会、司法書士会、土地家屋調査士会による三士業無料相談会

令和41001日(土)、マーサ21にて三年目となった行政書士、司法書士、土地家屋調査士による三士業無料相談会を実施しました。
 今回もコロナ対策のため1Fを受付、4Fを相談会場としました。また、飛沫防止パーテーションの設置やアルコール消毒、検温等を徹底し出来る限りの感染対策を行いました。


.          


 前二年度に続き、今年度においてもコロナ禍の下での開催となりましたが、43組もの相談者に来て頂きました。
 中日新聞や市の広報誌を見て来場された相談者が多く、開始時間前からお待ちいただいている方もおられたため少し早く開始をしました。
 相談内容としては今回も「相続」に関する内容が多くありました。登記や境界に関する相談も多く、相談内容により司法書士や土地家屋調査士に対応いただき、また税に関する内容は税理士兼業者に入ってもらうことにより幅広い相談に柔軟に対応することができました。
 三士業相談会は今回で3回目ということもあり、受付と会場の設営、受付方法や相談会場への案内、相談が長引く場合への対処など運営面においてもスムーズに対応できたと思います。今年度は若葉マークの会から5名もの参加者があり、会場設営から相談補助まで積極的に参加していただいたことも、スムーズな運営の大きな助力となりました。

.      

相談者からの「ありがとう」という言葉に、開催して本当に良かったと思いました。また、市民の皆様に対しての広報活動だけでなく、士業間同士の笑顔を交えた交流もあり参加者としても楽しい相談会でした。ご参加いただきました司法書士会岐阜支部、土地家屋調査士会岐阜支部の皆様ありがとうございました。
 来年度以降も三士業恒例のイベントとして続けていけることを希望いたします。

2022.09.09

令和4年度 会員交流会

日程 令和4年9月2日(金)

場所 ホテルグランヴェール岐山

3年ぶりの会員交流会が上記日程にて行われました。
 第1部では健康エクササイズと題し、インストラクターの指導のもと、ウォーキングや筋力トレーニングの練習を行いました。
 インストラクターからはウォーキング時に正しい姿勢が取れている参加者がほとんどいない旨の指摘があり、どうしたら正しい姿勢で歩けるのか具体的な指導の下、全員で改善に取り組みました。
 筋力トレーニングでは踵上げ運動といった簡単に行えるトレーニングから、正しいスクワット、複数の動きを組み合わせたやや難易度の高いトレーニングまで幅広い指導がありました。
 普段運動する機会が少ないので、楽しんで体を動かすことができました。インストラクターへの質問もたくさん挙がり、参加した皆さんの意欲の高さを感じました。

.  
 第2部の懇親会では、お弁当方式での食事が提供されました。エクササイズ後ということもあり、いつにも増して食事の美味しさを堪能できたように思います。

. 
 少しずつですがコロナ禍以前の体制に戻りつつあり、会員同士の活発な意見交流の様子が伺えました。

2022.07.10

令和4年度 第1回全体研修会

日程 令和4年6月27日(月)
会場 ワークプラザ岐阜 5階 大ホール
内容 「いまさら聞けないビジネスマナー講座」
講師 元NHK岐阜・四国放送アナウンサー
日本サービスマナー協会認定講師 宇野 悦加 様

本年度第一回目の全体研修会が、上記日程にて行われました。
講師から基本的な接遇・ビジネスマナーについての説明、解説をいただき、
実際に参加会員同士でチェックし合いながら、正しい会釈や名刺交換等の練習をしました。
質疑応答の時間では、こういう場面ではどうすればよいのか等、マナー本には書いていない
細かい場面での対応についても明確にして指導してくださいました。個人的には
縦長の名刺を受け取るときは自分の名刺入れを縦向きにして受けてよいというのが
印象に残りました。茶道などでは道具の向きを大切にする考え方があり、
名刺入れの向きを変えるのがマナーに反しないかと迷っていたので、
解決して良かったです。

現役のアナウンサーによる講義は、まるでテレビの特集を見ているような気分で、
よどみなく通る声や常に適切な言葉遣い、凛とした姿勢やたたずまいに、良い意味で
衝撃を受けました。接遇とは相手を思いやる心そのものですが、正しい作法を身に付け
人に良い印象を与えることの大切さを目の当たりにすることができ、貴重な経験となりました。

2022.05.10

令和4年度 定時総会

 令和4年428日(木)、ホテルグランヴェール岐山にて令和4年度の定時総会が開催されました。

前年度の事業報告および収支決算、今年度の事業計画および収支予算、選挙管理委員会ならびに役員推薦委員会の委員選任について諮り、承認されました。

 

コロナウイルス禍は3年目に入りましたが、食事の方法等を工夫することにより、今年度は総会後に久しぶりに懇親会を併せて開催することができました。

今後の支部事業についても方法・時期等を工夫することにより、極力開催ができるよう執行部一同邁進してまいります。

2022.02.01

令和3年度 教養講演会

 日時:令和4122日(土)15151630

会場:ホテルグランヴェール岐山2階 カルチャーホール

講演内容:「オリンピックで得た健康生活の極意」

講師:勅使川原 郁恵様

 令和4122ホテルグランヴェール岐山2階カルチャーホールにて勅使川原郁恵さんを講師としてお招きし、「オリンピックで得た健康生活の極意」について教養講演会を開催しました。

最初に勅使川原さんの自己紹介から始まりました。岐阜市出身で3回のオリンピック出場を経験、健康をキーワードとした22の資格を保有し、健康に対する勉強を続けているとご説明頂きました。

続いて本題の健康の三本柱「食事」「運動」「休養」についての内容に入りました。

                                                         

 

まずは「食事」について、バランスの良い食事をとることが大切であり、7大栄養素を含む食材を下記の色で例えて頂きました。

・青色はナスやブドウでポリフェノール→若返りの色素成分、抗酸化作用

・黄色は人参やオレンジでビタミンC→美肌、風邪の予防、コレステロールを下げる

・黒色はひじきや黒豆でカルシウム、ビタミン類、アントシアニン→抗酸化作用

・緑色は小松菜やブロッコリーでカルシウム→元気の素

・赤色はトマトやりんごで食物繊維、抗酸化作用→アンチエイジング、若返り

それぞれをオリンピックシンボルの「五輪マーク」に例えていただき大変分かりやすかったです。

 

また、疲労回復のための食事の説明では「全身的な疲労」「局所的な疲労」「精神的な疲労」の疲労の種類ごとに目的と補給栄養素、具体的な処理方法について表を使いご説明いただき、風邪予防の食事ではビタミンAC、ミネラルの補給として牛乳、レモン汁、果汁100%ジュース、味噌汁、野菜スープなど、粘膜を丈夫にすることと免疫力UPの大切さを説明頂きました。

疲労の種類 目的と補給栄養素 具体的処理
全身的な疲労 エネルギー代謝の増幅、糖質、ビタミンB1 タンパク質、休養睡眠
局所的な疲労 筋グリコーゲンの代謝回復、クエン酸 果物、ストレッチ
精神的な疲労 気力回復、カリウム  乳製品、リラックス

 

 

次に「運動」ではストレッチの効果としてケガの予防になる、血流が良くなる、リラックス効果があるとの説明とともに参加者全員でストレッチをしました。また、筋力トレーニングの効果として基礎代謝量が上がり、太りにくい体になる。体脂肪が減り、内臓脂肪が減る。姿勢が良くなり、全身の筋力バランスが良くなる。との説明とともに参加者全員で簡単な筋力トレーニングを行いました。他にウォーキングの効果として体力増強、骨の老化防止、心肺機能を高める、ダイエット効果、美肌効果、自律神経刺激、脳を刺激、リラックス効果等の説明をして頂きました。

最後に、「休養」について、自律神経とホルモンのバランスを整えることが重要であり、具体的には38℃~40℃の温めのお湯に入り質の良い入浴をすること、寝付いてから3時間はホルモンが分泌されるためぐっすり眠り質の良い睡眠をとること、といった説明をいただきました。

現在、二児の母でもある勅使川原さんは健康的な生活を送れるように一般社団法人ナチュラルボディバランス協会を設立し、育児に必要な知識を学ぶ親子向けイベントを行っており、精力的に活動されています。

今回の教養講演会は全員参加の実演を交えたストレッチや運動があり、笑顔もあり非常に楽しく実りのあるものだったと思います。また毎日摂る食事の重要性についても改めて考えさせられる内容であり、他にもウォーキングの際には指先、特に親指を使うといった新しい発見も多々ありました。

イベント開催が難しい時期にもかかわらず、多数のご参加をいただいたことには感謝の念に堪えません。今後も工夫や感染対策を徹底し、支部としてなるべく交流の機会を設けていくことが出来れば良いと改めて思いました。

 

2022.01.25

令和3年度 グループ研修会

令和3128()1215()の二日間、ワークプラザ岐阜5階大ホールにて、税理士兼業の竹田 昌弘 会員を講師に迎え基礎的な財務諸表の読み方・財務分析と題し、グループ研修会が開催されました。

一日目は、財務諸表の意義や簿記の仕組みなど分かりやすく説明して頂き、会社での取引が行われるとどの様に貸借対照表などが変化するかなど練習問題を通して教えて頂きました。

二日目は、一日目の内容を復習しつつ、会社の財務分析をするための観点や数式、指標などを詳しく説明して頂きました。

 私は根っからの文系で、普段の業務でも数字を見るとアレルギーを起こしてしまい、貸借対照表などを見てもチンプンカンプンでしたが、今回の研修で苦手な気持ちが少し和らぐくらいは理解できたと思います。

 今後は損益分岐点を意識するなど、事務所運営にも役立てていきたいと思います。

 竹田先生には繁忙期に講師をお願いし大変ご負担を掛けましたが、とても分かりやすい研修をして頂きました。この場借りて感謝申し上げます。

 

2021.12.01

令和3年度 第1回全体研修会

日 程 令和31126()

場 所 長良川スポーツプラザ 大会議室

内 容 ①「家族信託について」

     講師 岐阜支部 恩田 ゆきみ 会員

    ②「ここに気をつけよう!!入管業務に関するワンポイントアドバイス」

     講師 岐阜支部 柴田 陽子 支部長

 第1部は、「想いをつなぐ家族信託」について、恩田ゆきみ先生をお招きして開催しました。
平均寿命と健康寿命、成年後見制度利用の実態、成年後見のデメリット、民事信託と商事信託の違いを説明頂き、家族信託が始まった経緯、家族信託の目的、親亡き後障がいのある子を守りたいといった具体的なケース毎の対応を紹介頂きました。
特に財産管理における家族信託を代用するデメリットとして
①親族の中で信頼できる人がいないとできない
②家族信託に詳しい人が少なく情報ネットワークが必要
③他の家族が聞いていなかった等の家族間でのトラブル
④オーダーメイドゆえに自由に設定ができる反面で悪用もされうる
といった詳しい説明は業務を行う上での注意点として大変参考になりました。

 第部は、「ここに気をつけよう!!入管業務に関するワンポイントアドバイス」について、柴田陽子支部長をお招きして開催しました。
 はじめに最近の傾向、わたしたち行政書士が意識しなければならないこと、就労系の在留資格、身分系の在留資格について説明を頂きました。
同じ案件でも担当者によって対応が違うため、情報収集や横の繋がりを大事にすること、着手金をもらっておき、幅を持った料金設定の必要性等を柴田支部長の経験から語って頂いたことは他の業務にも通じるものがあると思いました。

   

2021.11.01

令和3年度 無料相談会

 令和3年10月2日(土)、マーサ21にて、恒例の無料相談会を実施いたしました。今年も、コロナ禍にもかかわらずたくさんの方が相談に来てくださり、合計37件の相談がありました。

昨年度に引き続き、土地家屋調査士会岐阜支部、司法書士・税理士兼業行政書士の相談員の協力を得られたため、幅広い分野の相談に対応することができました。また、若葉マークの会からは2名の会員の参加があり、相談員のサポート役として実際に相談に入ってもらいました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今回も昨年度と同じように、受付窓口(1階)と相談ブース(4階・確定申告会場)を分けて実施しました。相談者には検温・手指のアルコール消毒にご協力いただき、受付窓口と相談ブースの各テーブルには飛沫防止の透明パーテーションを設置するなどの対策をしました。

   

 

相談内容は、例年どおり相続に関する相談が一番多く、市民の興味関心の傾向についてうかがい知ることができました。しかし、行政書士ならではの相談(許認可等)も一定数獲得し、PRにつなげたいため、事前の広報の方法・内容については課題が残ったといえます。次年度に向けて、改善点を話し合い、対策したいと思います。

カレンダー

«1月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

岐阜県行政書士会

岐阜支部
〒500-8384
岐阜市薮田南1丁目11番12号
岐阜県水産会館5階511号室
TEL:058-276-1774
FAX:058-276-3386
MAIL:mail@gsi-g.info

 ブログ

この上でダブルクリックをして画像やリンクを挿入しましょう。

Copyright (C) 岐阜県行政書士会 岐阜支部 All Rights Reserved.